佐藤 康恵がカリスマ主婦になっていた!美人すぎるお母さんと話題!

TBS「爆報! THEフライデー」に出演する
佐藤 康恵さんが、カリスマ主婦に
なっていました!

名前: 佐藤 康恵(さとう やすえ)

生誕日: 1978年12月7日

出生地: 埼玉県

血液型: B型

身長: 169 cm

現在、佐藤 康恵さんは自らのブランド
「YSjewel」を立ち上げて、自宅で
月20万も稼いでいるよです。

「YSjewel」とは、ジュエリー販売の
会社のようで、佐藤 康恵さんがハンドメイド
で制作・販売されているようなんです。

昔よりはテレビでの露出が少なく
なったので、気になっていましたが、
理由はそこにあったようですね。

今でも女優やモデルのお仕事を
されているようです。

今回は佐藤 康恵さんについて
調べてみましたので解説したいと
思います。

佐藤 康恵のすっぴんが美人すぎると話題

佐藤 康恵さんと言えば肌が白くて
チャームポイントのそばかすでは
ないでしょうか。

「non-no」「LEE」などの雑誌で
モデルとして活躍していただけあって
身長も高くスタイルも良くて女性の憧れ
ではないでしょうか?

とても二児の母親には見えないくらい
美人ですよね。

佐藤 康恵さんがすっぴんについて
インタビューされていますが、
肌の透き通る白さと美しさが
わかります。

わたし、すっぴんです。佐藤康恵さん(モデル・女優)インタビューVol.1

歳を重ねるごとに美人さが増して
いるように見えますよね。




佐藤 康恵さんの旦那さんはハーフのイケメンだった!

佐藤さんは2014年5月27日に結婚
1年後の2015年7月7日に第1子男児を
出産しています。

2018年4月11日には第2子妊娠を発表
しました。

気になる旦那さんですが、一般の
方ですが、ハーフでイケメンと
話題です!

コチラが旦那のジュリアンさんです。

たしかにイケメンですよね!
美男美女の両親を持った子供
も美系だろうと勝手に思って
しまいます(笑)

やはり美系でした(笑)
かわいすぎる天使のような
お子さんです。

名前は瑠翔(ルカ)くんで長男です。

将来は間違いなくモテまくりの
人生が約束されたでしょう!




佐藤 康恵の美人すぎる画像を紹介!

それでは最後に美人すぎる画像を
ご覧ください!

View this post on Instagram

私服コーデ♡もう日本にはショップが無くなってしまったLoveブランドTop shopのつなぎフラワーワンピース風💖とシューズは履きやすそうだなと、以前購入していた薄いピンク色のロウヒールパンプス👠 ジュエリー💎はYS Jewelバッグ👜は一目惚れしてGetしたLongchampパリカラー 今日はGWなのに、☔️〜〜It’s rainy day.皆さんは何してお過ごしかな(^^)? 風邪ひかないように💖 #私服コーデ #佐藤康恵 #mama #さとうやすえ #actress #model #jewelrydesigner #jewelry #ysjewel #singer #longchamp #topshop #gw #寒いよ #また冬

佐藤康恵さん(@yasue.sato.90)がシェアした投稿 –

View this post on Instagram

今日は日差しが眩しいくらいの日ですね🌞うっかりコート無しにしたら、風が吹いてハックシュー🌱やっぱり、トレンチコートは必要だったかも🤗 と、思っていたら…自転車🚲漕いでいたら汗かいてたので大丈夫だった🙆👌💖 ブルーデニム(H&M)でスッキリさせてトップス(H&M)は形もデザインも女の子らしく🎀 ローヒールのアニエス・ベーのスウェードパンプス👠はどんな時でも使える大好きな❤️靴。 #私服 #佐藤康恵 #mama #ママコーデ #good #actress #model #さとうやすえ #yasuesato #ysjewel #jewelry #designer #singer

佐藤康恵さん(@yasue.sato.90)がシェアした投稿 –

美人でスタイルがいいと、どんな
ファッションもかっこいいですよね。

今回は佐藤 康恵さんを調べてみましたが、
家族と充実した生活を送りながら、
趣味でもあったジュエリーをブランド
まで立ち上げ、制作・販売している
ことに感動しました。

ジュエリーを見て頂ければ
わかりますが、ホントに
おしゃれで高級感があるんですよ。

このジュエリーをハンドメイドで
制作しているなんて尊敬です!

芸能界とプライベートの
バランスを取りながら、幸せな
生活を送るなんて凄いことですよね。

これからも頑張ってほしいし、
応援していきたいと思います!

出来ればもっと佐藤 康恵さんを
テレビでみたいので、その機会が
あれば嬉しいです。

それではこれで解説を終わりたいと
思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする